鈴木静夫さんの青汁 百 (30パック)

▲クリックで拡大
型番 13903
販売価格

5,022円(内税)

購入数

【商品代引はご利用できません】
農園直送品の為、この商品のみでの代引注文は受け付けておりません。


【内容量】 : 100ml×30パック(冷凍)
【原材料】 : ケール

無農薬栽培ケール100%の青汁
茨城県つくば市の鈴木靜夫さんが、化学合成農薬を使用しない畑で栽培しているケールの葉を洗浄・殺菌し、熱の発生の少ない低速搾り器で搾り、一気にマイナス32℃まで冷凍します。

〔ご注意〕にんじん100%も一緒にお召し上がりになる時はビタミンCの吸収を妨げない為、少し時間を空けて(30分程度)からお飲みください。

◇お召し上がり方
・冷蔵庫に移して解凍するか、水かぬるま湯につければ20分程で解凍できます。
・飲みづらい方は、乳製品・ハチミツ・レモン等をお好みで加えますと美味しくお召し上がりいただけます。

放射能への取り組み

  

鈴木さんのこだわり〜そのままのケールを知って欲しい〜

「どこまでもとの葉の命を壊さないで青汁にできるか」にこだわったという鈴木さん。出来上がった青汁はもとのケールの甘味や香りがそのまま生かされ、ビタミンCやA他の栄養素が破壊されずに豊富に残っています。また四季を通して味がかわるのも自然そのものの特徴で、冬のケールは大変甘味が強く、夏場はケール自身が虫を寄せ付けないように苦味を出します。


ケール畑を見回る鈴木さん


鈴木さんの畑の元気なケール

青汁農場訪問記

4月某日に茨城県つくば山麓のふもとにある、鈴木さんの青汁の原料を栽培しているケール畑に行ってきました。2度目の訪問ですが、今回の訪問の目的は、ケールの花芽を摘みに行くことです。

この時期限定の花芽は、そのまま生でも食べられるほどやわらかく、甘みがあるので、むしゃむしゃと農場でも食べてしまいました。青汁のイメージからは想像つかないかもしれませんが、この時期の葉はやわらかく、甘いので、そのままを味わってきました。この時期は毎年、鈴木さんが花芽を送ってくださるので、店頭にも並べてお客様にもとても喜ばれています。

鈴木さんのレクチャー

自然食品店の仲間たちを誘っての訪問、鈴木さんよりレクチャーを受けています。

花芽の収穫

早速、だだっ広い農場で「花芽」の収穫。

花芽

これが、ケールの花芽です。菜花に似てます

さぁこれからという花芽をポキポキと摘んでしまうのはなんともかわいそうな気もしますが、栄養価の高いケールの葉を収穫する為にはやむなしです。この花芽を摘まないと、花が咲いてしまい、青汁の原料になる葉に栄養がいかなくなり、育たなくなるので、摘まなければなりません。
摘んでも摘んでも摘みきれない花芽を、大きな買い物袋3袋分くらいをあっという間に収穫し、ありがたく持ち帰らせていただきました。帰ってからは、おひたし、胡麻和え、味噌汁、炒め物、天ぷら等々でケールの花芽を堪能させていただきました。こんなに美味しいものは市場には出回りませんから、最高の贅沢かもしれません。(店長の兄)

まるで「美味しいから、早く食べてね」と語りかけられてるよう。ポキッポキッと簡単に収穫できます。

ケール

これがケールそのものです。巻かない巨大なキャベツという感じです。キャベツの原種ですからあたりまえか。

ケールを食べる鈴木さん

そのまま生でバリバリとケールをかじっている鈴木さんです。弊店に来られた時は、夜はよくお酒もご一緒させていただきます。新宿のはずれのカラオケスナックが多いかなぁ。歌うの大好きですから。

みんなで記念撮影

みんなで記念撮影。ちなみに一番左が店長の兄で管理責任者の寺島です。早稲田自然食品契約農場として、農薬や化学肥料を使わない安心、安全な人参、ほうれん草、小松菜等をいただいています。

◇ 早稲田自然食品センターから「お客様」へ

早稲田自然食品センターで取扱いをさせていただいている商品には、防腐剤や保存料などの添加物が使われておりません。賞味期限が短めの商品も多く、お客様になるべく新鮮な状態でお届けするために、当店では大量の在庫をいたしておりません。

そのため、店舗に在庫がない場合は、商品の準備に3日から5日ほどお時間をいただく場合がございます。

商品特性をご理解の上、ご注文いただけますようお願い申し上げます。

◇ 実店舗にご来店のお客様へ

公式サイトに掲載している商品すべてを店頭に取り揃えている訳ではございませんので、ご来店の際にはご注意下さいますようお願い申し上げます。

お求めの商品がある際は、お電話にて在庫状況をご確認下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける